loading

会長挨拶

挨拶 埼玉県健康スポーツ医会のホームページ作成にあたって

埼玉県健康スポーツ医会会長 萎沢利行

 

平成3年4月に日本医師会認定健康スポーツ医制度が発足しました。
埼玉県健康スポーツ医会は日本医師会認定健康スポーツ医が主に会員となって平成5年に設立されました。健康スポーツに関する学術研究の向上、県内の健康スポーツ医学の健全な実践の発展の寄与することを目的に活動しています。

 

平成28年3月現在の会員は249名で、内科、循環器科、外科、消化器科、整形外科、リウマチ科、リハビリ科、脳外科、小児科、眼科、産婦人科を専門科目としている幅広い診療科の医師が会員となっています。
健康スポーツ医会は、総務(会計)委員会、学術・研修委員会(講演会・研修会の企画)、広報・インターネット委員会、健康スポーツ医地位向上委員会、医事運営・メディカルチェック委員会の5つの委員会を中心に活動しています。

 

活動の主なものとして、日本医師会認定健康スポーツ医学講習会の前期と後期の開催、健康スポーツ医の継続のための研修会開催、BLSとAED実技講習会開催、埼玉県医学会総会での会員の演題発表、中学校柔道安全指導講習会の講師派遣、地域医師会の健康スポーツ医会の支援、国体随行会員の支援、「健康スポーツ医必携」の出版、埼玉県健康スポーツ医会員証の作成等が挙げられます。

 

広報・インターネット委員会の小林利成委員長と委員が中心となり埼玉県健康スポーツ医会のホームページを作成いたしました。関係者の皆様に感謝申し上げます。ホームページにより健康スポーツ医会の活動が活性化されることを期待いたします。

to top